日陰大学生フランスで光を浴びろ

現在フランスのアンジェという街に留学中!留学生活での発見やフランスらしい情報を発信します!

サボっててごめんなさい

こんにちは カゲヤマです

また、サボってたなぁ(笑)

 

実は只今家出少女です。

Angersを抜け出し旅行しまくってます〜

 

アムステルダム

マルタ

ローマ ←イマココ

 

そう、今はローマにいます

 

7月からペズナで働くので

それまで旅行です

 

気に止まったこと沢山書きたいのに

時間の配分が下手で全然出来てないですね

 

想いは募るばかり

 

亀ペースですが🐢

書いていけたらと思います!

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』

これは私が好きな本のタイトル

初めて本屋で見かけたとき、心を鷲掴みされるように恋に落ちた

一目惚れってほんとにあるんだって思った

尾形真理子さん

彼女はルミネの広告のキャッチコピーを書いている

コピーライターさん

 

彼女の書く言葉に憧れてコピーライターになってみたいとも思った

彼女のような文章を書きたい

彼女のような言葉を放ちたい

 

そう思い始めてからずっと文を書くことを続けているけど

彼女はまだ遠い

 

私の恋は片思い

遠い遠い片思い

五月病の人必見!:やる気が出ない時ほど映画を見漁ろう

 

こんにちは カゲヤマ です

この頃 映画を見ることが多いです

 

もともと映画を見ることが好きだし、

フランス映画を見たことから

「フランス」という国に興味を持ち始めました

 

でも それ以上に 狂ったように

映画を見るときが私には定期的に来ます

そう まさに 『狂ったように』

 

だいたい 映画ばっかり見だしたら

それは自分の日常に虚無感を感じているとき

 

日常では起きないような

ファンタジーに浸ったり

 

沢山の難題に屈強な精神で立ち向かうような

サクセスストーリーに自己投影したり

 

勉強したくない時 何故かやる気が起きない時

そんな時は

私はいつもこうやって映画を見漁っています

 

これは一種の逃げ

現実逃避でしかないのかもしれません

 

でも映画を観た後って

誰しも心が満たされていませんか?

 

確かにホラー映画とか意外なバットエンドとか

自分好みじゃないカップリングになった時とかは

見終わった時 幸せな気持ちになっているとは思いませんが

それでもその

怖さに、

終わり方に、

納得いかないカップルに、

心囚われていませんか?

 

夜 ホラー見たら 夜中トイレに行けない!!

とかね(笑)

 

この効果を利用して映画を見るんです!

 

というのも映画を観た後は

こんな風に影響されやすいもの。

なら、その影響を効果的に使うために

ハッピーエンドの映画や

主人公が頑張るサクセスストーリーの

映画を観てしまうのです!!

 

物語のラストシーン以外は

たくさんの苦行が盛り込まれてるものや、

主人公がダメダメな性格でスタートするもの

が特におススメ!

 

この人はこんな大変なことが起きてるけど

それをバネにしてこんなに頑張ってる

自分はこの人よりは辛いこと起きてない

から全然マシじゃん!って

 

こんな子でも成功出来たんだから

私にだって成功できるかも!?

ちょっくら ガンバッてみようかな

 

って思ってくるのです!!

 

 

この効果の名称は私にはわかりません

頭のいい学者さんかなんかは

名付けて研究でもしてるのでしょうか

でももし無いのであれば

私が名前をつけてもいいですか?

何故なら とってもお世話になってるから(笑)

 

自己投影効果とか 感情移入法とかどうでしょう?

ちょっと硬いかな

 

じゃ

『ワタシもいつかはアノコ 効果』

とか 可愛くないですか?(笑)

『自分の人生だって映画のストーリー 効果』

とかいいんじゃないですか?(笑)

 

そんな感じで頑張ってるアノコに自分を重ねるんです

 

私は一応生物学的に“女”なので(笑)

主人公の女の子が頑張る映画を観ます。

 

有名なのは「プラダを着た悪魔」ですかね

横暴な仕事を課すミランダに負けないアンディ

よく知られていると思います。

 

他にも「サクセスストーリー」とか

「女の子が頑張る映画」とか

「映画 落ち込んだ時」とか

検索してみれば沢山出てくると思いますが

 

私が好きで何度もお世話になっている

「おすすめ」の映画を3つだけ紹介します

 

1つ目は「キューティーブロンド」

「金髪のおっぱいちゃん」という理由で振った

弁護士を目指す彼を取り返すために猛勉強して

同じ大学の法学部に入る話

スカッとするラストシーンが待ってるので是非観て欲しいです

人は見かけじゃないって勇気をくれる映画です

 

www.amazon.co.jp

 

 

2つ目は「スウィート17モンスター」

ちょっと卑屈で友達も少ない いわば『隠キャ』の主人公

そんな子の親友が

長年嫌いだった『陽キャ』の兄と付き合うことになって

唯一の親友も失ってしまう

思春期あるあるを盛り込んだ「17歳のモンスター」

でも誰しも「モンスター」のように世間にイライラしたこと

ありますよね?(私だけ?笑)

喧嘩しちゃったり、クラスに馴染めなかったり

人間関係に悩んだ時は特に “効く” 一作です!

 

www.amazon.co.jp

 

 

最後は「ヘアスプレー」

これはミュージカル映画なので好き嫌い分かれると思いますが

ミュージカル映画の主人公にありがちな

「自己中さ」が薄いです(笑)

よくミュージカルを見る人は同じ気持ちかと思いますが

何故かミュージカルの主人公の女の子って

自己中心的ですよね(笑)

すぐ カレを取っ替え引っ替えして(笑)

そんなことはないので安心して観てみてください!

また、「シェルブールの雨傘」のような

“全編歌タイプ”じゃないので見やすいかと思います

内容はぽっちゃりな女の子が

「ダンス番組」に出るために頑張る話

笑えるところもあるのに 社会的な話で為になるところもあります

歌も素敵なので曲を聞くだけでもオススメです

 

www.amazon.co.jp

 

 

こんな風に映画の力を借りて自分を奮い立たせるのは

自分的にはアリだと思います

決して逃げなんかじゃない!(はず)

 

今年は特別長かったGWも終わったことですし

日本の皆さんにはそろそろ

五月病が流行る時期では?(笑)

 

五月病の予防接種に 一つ、見てみませんか?

よかったら感想もお待ちしてます!

きっと『ワタシもいつかはアノコ 効果』とか

『自分の人生だって映画のストーリー 効果』とかを

得られるはずですよ!笑

 

 

平成を生き抜いた彼女

 

こんにちは カゲヤマ です

 

先日、自分の生き方を

考えさえられる出来事が起こりました。

そして今もまだ、それが心の中に

シコリとなって消えていません。

 

とてもとてもお世話になった

仲の良い先輩を亡くしました。

 

それは突然で

とても残酷で

 

私にとって彼女は一番親しい先輩ですが

彼女にとっても私は一番近しい後輩だったんです

 

そんな彼女の最期に会えなかったこと

その後の会に参加できないこと

凄く凄く後悔しました。

 

彼女の告別式の日

私は同じ大学のフランスに留学している

別の都市の友達とスイスに旅行する予定でした。

 

スイスに行くか日本に帰るか迷いました

 

スイス旅行すれば 大切な彼女の告別式には行けない。

たくさんの高校時代の仲間たちが集う中

一番の後輩の姿は無いという冷徹さ

 

日本に帰れば大学の友人とのスイスには行けない。

前々から電話して計画を立てていた旅行は白紙

「友達の分」の旅行も奪う失礼さ

 

しかし私は友達とスイスに行くことを決めました。

 

出発するギリギリまで悩んだ上での決意です。

 

 

実を言うと

旅行中も気乗りしないことが多々あって

友達に失礼だったと今 痛感しています。

 

何度も 思い返して は 思い直し

自分が ここスイス にいる意味を

何度も考え直していたのことを今でも覚えています。

 

 

この決断をするきっかけとなったのは

1つ上のある男の先輩との電話

 

彼と亡くなった彼女と私を含めた

5人のメンバーの部活のパートで

高校を卒業した後も その5人でよく集まっていました。

 

その彼との電話での一言

「帰ってくることをアイツが望むと思うか?」

 

なんかその一言で一気に腑に落ちたんです

 

きっと それは

勝手にずっと待っていた言葉だったのかも 

 

この電話でこの言葉で一気に涙が出て

びっくりした

 

部活からの連絡が来て

文面上では知っていたことなのに全く泣けなくて

私は「悲しくも無い」ような薄情な人間なのか

とさえも思ったりしていた

 

人間の耳って偉大ですね

「聞く」ってこんなにも大きな力を持っているんですね

 

少しだけ現実を感じることができました。

 

 

あの日から数週間経った今も尚

相変わらず “これ” に 現実を感じることができずにいます

 

日本に帰ったらひょっこり現れるんじゃないか

みんなで私を騙すドッキリなんじゃないか

と までも思ってしまうほど

 

ひとりひとりが “現実” と向き合う中

私は まだ 一人

少し遠いところで逃げているんでしょう

 

前回の記事で 元号が変わった今

込められた意味を理解して生きて欲しい旨を書きましたが

 

きっと この気持ちは

ここから 生まれたものなんだと思います

 

彼女は 令和を生きれなかった人

ううん

平成を生き抜いた人 です

 

そんな彼女にも恥じのない

生き方 生き様 を少しでもしていきたいものですね

 

 

ヘイセイとレイワ

 

こんにちは 

1ヶ月もブログを放置していたカゲヤマ です

 

理由は色々有りますが

まあお話しするのはやめておこうと思います。

 

日本のみなさん 元号が変わりましたね

平成終わりましたね

令和始まりましたね

 

平成10年生まれ

セーラームーン おジャ魔女どれみ ぴちぴちピッチを見まくり

ミニモニ。を歌って踊る幼稚園児

 

たまごっちは2台持ち で DSは “Lite”

ポンポネット着て ラブ&ベリやる小学生

 

GUMIの曲がいい とか 40mPは歌詞が好きだとか

ボカロの浅い知識を語りつつ

どっぷりKPOPにはまってヲタクして

ト・フェジちゃんとかヨンギちゃんとかアルムソンイちゃんを

真似て“元祖”オルチャンメイクに目覚めた中学生

 

そんな子供時代でしたねえ

同世代の人は共感するんじゃ無いかなぁ

 

今の幼稚園児もラクガキんちょは憧れ?

今の小学生は鉛筆のお尻にチャラチャラしたのついてるのかな

今の中学生はアメブロなんてやらないか、

 

幼稚園の頃 一番仲良い友達Aちゃんとは

お気に入りの「ナージャのパンツ」履いた日には

見せ合いっこするのが2人の中で流行ってて

一緒にトイレの1つの個室に入って

何食わぬ顔して交互に出てくるのが楽しかった。

 

この『交互』っていうのがポイントで

同時に出るんじゃなくて、時間差つけて出てくると

次入ろうとした子が「え、さっき出てきたよね!?あれ見間違い?」

みたいな顔するんだよね

それを楽しんでた(笑)

本当になかなかの変態ぶりである。

トイレに2人で入るのも十分変態だけど

それで反応を楽しむという

もうクズの域??(笑)

 

とても懐かしいなぁ

今の幼稚園児はこんなふざけたことしてないんじゃないかなぁ

もっとまともな価値観をお持ちだと思います

 

んと、何が言いたかったかというと

楽しかったよ「平成」ってこと

ありがとね さようなら

 

 

こんにちは 初めまして 「令和」

 

って言っても

まだ会ったことなくてTwitterとかでしか見たことなくて

わたしにとっては芸能人のよう

 

全く実感ないんです

令和ってなに?何者?美味しいの?

 

あなたをお札で目にするとき

カレンダーで見かけるようになったとき

 

わたしはどんなわたしでいるのでしょうか

ちょっとはマシになれてるのでしょうか

自信を持って飛行機を降りれるでしょうか

 

今のこんなわたしのままじゃ

ここから出られない

恥ずかしくて帰れない

 

 

ところで「令和」って万葉集から取られているそうですね

全然意味は知らなかったですが、

春の訪れを告げ咲き誇る梅の花のように

「明日への希望を持って ひとりひとりが花を咲かせることができる」

そんな意味が込められているそうです。

 

素敵な意味だと思いました

これからを生きるのに凄く合う

 

でも「レイワ」って

わたしにとっては馴染みがなくて

どこか冷たい雰囲気を感じる

 

なのでフランスにいるこの留学期間は(日本に帰るまでもう9ヶ月)

わたしにとっての「レイワ」考えて生きようと思う

 

レイワ

レイワ

レイワ

 

うーん

 

たぶん

 

「麗話」かな

 

麗しく話す と 書いて

「麗話」

 

わたしにとってぴったりじゃない?

 

フランスに来てから

「強く美しく生きる」ことをモットーにしていました

 

美しくいたい。それは見た目の問題だけじゃなくて

佇まいとか生き方が

 

「麗しい」は美しいという意味だから

このモットーに沿っているし

ただ美しいのではなく「心あたたまる」ような美しさというところが

わたしの人生をより磨きあげてくれる

 

そして「麗しい」には「美しい」という意味だけじゃなくて

「正しい」という意味がある。

 

正しい。間違いがない。乱れがない。

わたしが今暮らしているAngersという街は

フランスの中でも綺麗なフランス語なほう

というのは「訛ってない」ということ

(別に他の地方が汚いわけではなく)

 

せっかくストレートなフランス語を学び、耳にしているんだから

「正しく」使えるようになりたい

 

今 わたしはフランス語を話そうとしても

分からない単語だらけで つっかえつっかえ

逆に 英語を話そうとすると

簡単な言葉はフランス語が先に出て Mixした話し方になる

 

全く「正しく」ないのが現状

これを「正しく」話せるようになるのが目標

 

そして「話」

 

「話す」というのがミソで

「語る」「言う」ではないことに重きを置きたい

 

会話は常にキャッチボールで

相手の話を聞いて、自分も話して、また聞いて、、、、

人一人じゃできないこと

 

コミュニケーションの手段の1つとして

語学を学びに来ている身としては

会話を大切にしたい

 

今はまだ

ただ自分の言いたいことを伝える

相手が言ってることを聞きとる

それだけ

 

 

まとめると「麗話」とは

「美しく・正しく・心温まる 会話をする」ということ

 

 

これが

わたしの「レイワ」

わたしの「麗話」

わたしの麗話時代(留学期間)である

 

 

最後に「令和」の元となった万葉集の「梅の花の歌」を載せます

 

初春の令月にして、
気淑く風和ぎ、
梅は鏡前の粉を披き、
蘭は珮後の香を薫す。

 

この記事を読んだ方、ひとりひとりが

辛く寒い冬を乗り越え、明日への希望が込もった

自分だけの特別な梅の花を咲かせられますように

 

 

追伸

なんで蘭は取り上げられないんだろうね

新しいことは思った日に始めるのが吉日

 

最近、将来(近い未来も含む)

やってみたいと思うことが増えてきました。

 

うん、 増えてきてしまいました

 

昔からやりたいことが多くて

むしろ 「これ」っといった夢がなかったんですが

 

唯一 「留学」は長いことの夢でした

 

本当は幼稚園の頃から薬剤師になりたくて

肌に良い化粧品やシャンプーを作ってみたくて

でも学校の問題と自分の理系の学力の無さで諦めて

 

でも留学することだけは 諦めたくなかったんです

 

なぜ留学したいと思い続けていたのかは

ぶっちゃけ分かりません

 

そりゃ フランスに留学したい理由はありました

それを面接で話して

今でもそれを思って

モチベーションとして活かしています

 

でも 漠然と『留学したい』と思ったのは

もっと前の話です

 

 

そのころはまだ 英語を一番に勉強していて

英語圏を指した「留学」でした

 

 

きっと小学校3年生くらいだとは思いますが

 

いつどこでどうして、 

そして に影響・感銘を受けて、

やりたくなったのか、始めたくなったのか

 

残念なことに  覚えていません

 

でも フランスで生活してみたいと思った時は違って

この疑問詞たちがはっきりして、

今でも覚えているんです

 

(上記の通り今でも私を支えてくれます)

 

やはり

やりたいと思ったこと・始めたいことは

思ったその日に何かその一歩を踏み出すことが大事です

 

時間が経てば当時のを忘れてしまいます

その夢について

批難する人や笑う人がいることに気づいてしまうかも

 

折角のあなたの心のトキメキ否定されたいですか?

勿体ないですよね

 

夢は見るものではありません

だからといって、

叶えるものだとも私は思っていません。

 

では 何なのか、、、、、?

 

勿論、叶えられたら素晴らしいとは思いますが

私が一番大切にしていることは

叶えられたこと(結果)じゃなくて、

叶えようと努力したこと(過程)です

 

特に努力を初めてみた その一歩

を、特に大切にしています。

 

人生を豊かにするものは

『叶えられた夢たち』  じゃなくて

『試みた経験の数々』  なんじゃないかな

 

始めてみた勇気ある過去の自分の行動が

次、始めてみたいと思った時に

そっと一押ししてくれてさらに勇気が出るよね

 

そして 生きる自信になると思います

 

失敗してもいい、むしろ

成功してもいい

 

自分だけの1度きりの人生

やりたいことやって、死んでいきたいよね!?

 

私は 夢は描くもの と 思っています

 

 

最後に アリストテレスの言葉をこのブログを読んでいるあなたに送ります

 

Well begun is half done.

 

「始め良ければ半分終わったも同然」

 

 

     「半分過ぎたら叶ったも当然」

 

、、、、、、なんてね(笑)

キングコングにハマった話

 

カゲヤマ 今更ながらキングコングにハマりました

しかもYoutuberカジサックじゃなくて

「西野」の方です(笑)

 

小学生の頃 晩御飯食べながら『はねトび」見てました

でも大して番組も好きじゃなくて、

ご飯食べるからにBGMとして点けて見るくらい

 

その中でもキンコン西野なんてどうでもよかった

 

中学生の時(多分 うる覚え

彼はジョンレノンのような格好で白黒の絵本を出してました

集合体恐怖症の私にとって、あの小さくて細かい絵は 気持ち悪かった

 

さらに朝の情報番組『スッキリ』のキャラクターを

『スッキリス』から僕のキャラに変えようという提案に猛反対した

テリー伊藤と共に手を取って

あんなキモいカエル無理!!!なんて

 

f:id:mer_et_glace:20190328010922j:plain

 

絵本もイラストも傲慢な態度でさえも

全てが “いい” と思えなかった

 

 

のに

最近「毎週キングコング」というYouTubeを毎日見てる

もうこれじゃ 「毎日キングコング

 

たまたまカジサックの動画を見ていたときにオススメに出てきて

カジサックの動画も大して面白いとは思っていなかったのに

相方と話すだけで 何故か格段に面白い

 

日常的なトークをしていて企画をやっているわけではないのに

ノーカット、ノーテロップで 凄く面白い

 

特に梶原が話しているときの、西野のツッコミ

ツッコミと言えど漫才のように突っ込むわけではなくて

要は聞き上手なんだと思います

 

リアクションの仕方、間の取り方、

やっぱり芸人さんってお喋り上手 聞き上手

 

すごく彼の本を読んでみたい

絵本は相変わらずゾゾゾってむず痒くなっちゃうから読めないけど

 

ゴットタウンで劇団ひとりが読書感想文を発表したらしい

(放送は見てない)

『革命のファンファーレ』 めっちゃ読んでみたい(笑)

 

若い頃から売れて、

売れても自分の野望と違ったら早々に軌道修正

(テレビに出ない、ひな壇に乗らない発言)

嫌いな人には立場関係なく嫌いと言って

 

かつて感じていた

傲慢な態度でさえ、カッコいいと感じてしまう

ジョンレノンみたいだって思ってた胡散臭い服装も

やけに長い前髪も、偽オダギリジョー感も、カッコいい

 

生き様がカッコイイ、 人 ってここまで格好良く見えるんだ

 

嫌われてもかっこい

 

強く 美しく生きるって

こういうことなんじゃないかな

こういう人を言うんじゃないかな